茨城県調理師免許試験 過去問題

茨城県調理師免許試験の過去問題を年度毎に全問掲載しています。

サイトマップ
資格試験 過去問題 > 調理師免許試験 過去問題トップ > 茨城県調理師免許試験 過去問題

茨城県調理師免許試験の勉強は過去問題が基本です

茨城県調理師免許試験 過去問題では、地域毎に各年の問題を全問掲載しています。
クイズ形式で過去問題に挑戦できるので、楽しく茨城県調理師免許試験の勉強ができます。
間違えた問題のみを繰り返す『復習機能』やランダムに問題を出題する『ランダム機能』等、調理師免許の資格を取得するための機能も充実しています。

茨城県調理師免許試験 受験資格

  1. 新制中学校を卒業していること。またはこれと同等以上(注1)の学力を有すること。
  2. 調理業務に従事した経験(注2)を満2年以上(注3)有すること。
受験資格についての注意事項
(注1)「新制中学校卒業者(学校教育法第47条に規定する者)と同等以上」が認められる場合は、おおよそ次のとおりです。
  • 旧制の中学校又は高等女学校の2年以上を修了した者等
  • 茨城県調理師免許試験受験資格に関し、厚生労働大臣の学力認定を受けた者
(注2)調理業務に従事した経験とは次のとおりです。
  • 飲食店営業、魚介類販売業(行商は含まない。)、そうざい製造業の営業許可を受けた施設での調理の実務経験
  • 給食施設(寄宿舎、学校、病院、事業所、社会福祉施設、自衛隊などで、継続して1回20食以上又は1日50食以上給食する施設)での調理の実務経験
調理の実務経験と認められない場合
  1. 飲食店などに勤務していても、管理経営や調理品の運搬、配達又は食器の洗浄など直接調理と関係のない業務
  2. 学校、料理学校などで調理を教えていた期間や習った期間
  3. 家庭での調理行為
  4. 栄養士、看護師、保育士などの職種で本来業務に付随して行った調理業務
  5. パート又はアルバイトの場合で、勤務時間が1週間あたり4日以上かつ24時間以上に満たない場合
(注3)満2年以上とは、受験申込の日までの勤務実績が必要です。複数施設の通算でも可。

茨城県調理師免許試験 合格基準

  1. 総合得点が60%以上
  2. 試験科目7科目群すべてにおいて得点が基準値以上の者

茨城県調理師免許試験 過去問題

IE利用時の解答結果表示の不具合を改善しました。
  • 茨城県調理師免許試験の合格基準を60%に設定しています。
  • 間違えた問題のみを出題する復習機能をつけました。全ての問題が終了した時に表示されます。
  • 当サイトは問題と採点のみです、解説が知りたい方は問題集の購入をおすすめします。

茨城県調理師免許試験 過去問題ランダム出題

茨城県調理師免許試験の問題をランダムに出題します。
全国版ランダム問題は、調理師免許試験 過去問題トップにあります。

茨城県調理師免許試験 過去問題

調理師免許(ちょうりしめんきょ)とは
調理師試験の試験科目は食文化概論、衛生法規、栄養学、食品学、公衆衛生学、食品衛生学、調理理論の7科目。調理師試験に合格し登録されると茨城県調理師免許証が交付される。免許の効力そのものは都道府県の調理師名簿に名前が登録されることで発効する。
調理師試験の合格者以外にも、学校教育法第57条に規定する者で、厚生労働大臣が指定した調理師養成施設を卒業した者には、無試験で茨城県調理師免許が与えられる。これは試験の合格によらず、名簿に登録される資格を有するということだが、登録申請は養成施設の修了時に一括して行うことが多い。ただし申請するか否かは修了生次第である。
試験 過去問題一覧
ご意見や不具合等ございましたらお気軽にご連絡ください。
  • SEOブログパーツ